感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:07-10-20

ダイエットでは
摂取カロリーを抑えることと、
栄養バランスのあるご飯を摂ることがとても大切です。

ダイエット中のご飯には、
大切なポイントがいくつかあります。

まず、
ダイエットの基本は
脂質を摂らないようにすることです。

なので、
揚げ物などは
できるだけ食べないようにしましょう。

しかし
鮭などに含まれる良質の脂肪分は
体質に必要となるので摂っても問題はありませんよ。

また、
炭水化物を減らしすぎるのは危険です。

体質のエネルギー源であり、
代謝を低下させないためにも、減らしすぎは禁物です。

ご飯の量をいつもより
1/3か半分程度減らすようにするのが
簡単で効果的なやり方です。

そして、
「朝方はたくさん、21時は少なく」が重要ですね。

21時にかけてご飯量が増えれば、
低カロリーのご飯でも体質に脂肪が蓄積しやくなります。

ですから、
3:2:1のバランスで
朝方から21時にかけて
ご飯量を減らすようにしましょう。

朝方が苦手な方は
2:3:1のバランスでご飯を摂り、
徐々に慣らしていくやり方がおすすめです。

さらに、
体操で筋肉が鍛えられても、
タンパク質の量が少なければ、
筋肉は成長しないので代謝も上がりません。

なので、
効率よく筋肉を成長させ代謝を上げるためにも
高タンパクのご飯を摂ることが重要です。

納豆や豆腐や赤身魚を食べるようにして、
プロテインドリンクも活用すると効果的となりますよ。

一日3食をしっかり食べて、
しっかりダイエットを成功させましょう!

体重を減らしたいからと、
ご飯を抜いているようでは、
いつまでたっても痩せられませんよ!