老眼の悩みもレーシックにお任せ

老眼はつまり遠視という状態となっているので、それは近視と同様にレーシックの手術で治療させることが可能です。
つまり遠視で悩んでいる人は、信頼出来るレーシックのクリニックに一度相談に行ってみると良いでしょう。

 

レーシックというのは、目の表面の角膜の形を専用のレーザーを使い矯正していき、そして光の屈折の具合を調節していきます。
なので遠視だろうが近視だろうが、レーシックで元に戻すことが可能というワケです。老眼というのは、一度その症状が進行をしてしまうと、二度と元には戻ることはないと思っている人が大勢います。
しかし老眼はレーシックによって元通りの視力に戻すことが出来るのです。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



老眼の悩みもレーシックにお任せブログ:06-8-20

子供には
連日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

子供は血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

子供は疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

親にとってみれば
子供が起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
子供が寝っ転がることを否定してはならない。

子供は必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと子供は血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
子供が寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
子供は深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

母はまさか我が子供が
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が子供が寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が子供を健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それを母がきちんと配慮してくれるからこそ、
子供は健康に育つのである。